ウーマン

鬱病の基礎知識を知って理解を深めていこう!

鬱病患者への接し方

ハート

鬱病の方に言ってはいけない言葉

鬱病は本人の心の病気ですが、周囲の方からの言動で心の状態が変化する場合があります。鬱病の方に言ってはいけない言葉もいくつかあるので、鬱病を患っている方への接し方と併せてご紹介していきますね。
鬱病の方は基本的に激励する言葉も言ってはいけません。例えば「頑張って」「病気に負けないでね」といった激励の言葉は、鬱病の方からすると、プレッシャーに感じることがあります。期待に応えようと頑張ってみてもなかなか思い通りに出来ず、更に落ち込んでしまうので、症状が悪化する原因になる場合があります。また鬱病の方に、「気持ちを切り替えて」「誰にだって落ち込むことはある」などの叱咤激励する言葉も禁句です。そもそも気持ちを切り替えることが出来ていたら鬱病にはなっていませんよね。自分ではどうにもならないことを言われると、どんどん辛くなっていきます。相手の為と思った言葉でも鬱病の方には更に状態を悪化させてしまうのです。このような言葉は信頼関係を崩す恐れもあるので、叱咤激励の言葉は控えましょう。
また鬱病になった原因を聞くのもいけません。様々な要因が重なって鬱病を発症するので、辛いことを思い出すきっかけにもなりますし、追求する言葉は止めた方が適切でしょう。
鬱病の方への接し方は、鬱病という症状を理解して、温かく見守って休養出来る環境を与えることです。穏やかな気持ちで見守り、話をしてきたら沢山聞いてあげて共感してあげると良いです。またご家族が鬱病の場合は、「しなさい」といった命令する言葉も禁句です。相手のペースに合わせ、本人が日常生活に興味を示し始めるまではそっとしてあげましょう。少しずつ本人が回復してきたら、褒めてあげることも大切です。例えば家事を手伝ってくれたりしたら、感謝の気持ちを伝えたり、ちょっとした成功でも「すごいね!」と褒めてあげましょう。
鬱病の方は感情のコントロールが難しく、起伏が激しくなる場合もあります。そんな時は静かに聞き入れ、これも症状のひとつと割り切ってあげることも大事です。落ち着いた対応をすれば、段々本人の感情も落ち着いていきます。
鬱病の患者は時に自殺願望を抱くことがあります。もし鬱病の方から消えたい、死にたいといった言葉を聞いた時には、今まで耐えてきたことに対して労わりの言葉をかけましょう。そして孤独を感じさせないようにすることも必要です。なるべく信頼のおける方数名で一緒にいてあげると良いです。
鬱病の方と接する時は自分の感情を伝えるのではなく、相手からのアクションに反応してあげると心を開いてくれます。優しく静観してあげましょう。