ウーマン

鬱病の基礎知識を知って理解を深めていこう!

良い病院・医者とは

ウーマン

鬱病になったらこんな病院を選ぼう

鬱病を疑った場合、まず行くのは精神科か心療内科です。心療内科の場合は身体の症状も診てくれます。厳密に言うと、鬱病の専門は精神科となっています。近くの精神科を選ぶと通院がしやすいので、近場で探すようにしましょう。地域に根ざした比較的小さめなクリニックであれば、話を聞いてくれたり、細かい対応もしてくれたりと手厚い場合がほとんどです。
病院は立地も大切ですが、一番重要なのはお医者さんとの相性です。評価の高いお医者さんは、きちんと話を聞いてくれて、小さな疑問にも丁寧に答えてくれたり、薬の副作用をきちんと説明してくれたりするという特徴があります。また、鬱病患者と対話がきちんと出来る点もかなり重要です。お医者さんが忙しいのは当たり前ですが、きちんと話が出来なければ意味がありません。ただ薬を処方するような病院の利用は避けるようにしましょう。
お医者さんを選ぶにあたって重要なことは、鬱病患者本人がお医者さんに心を開くことです。最初から心を開くのは大変ですが、まずはお医者さんからの指示に従ってみるようにしましょう。通院をしていく内にコミュニケーションを取ることができるので、次第に心を開けるようになります。信頼関係が出来上がるまで試してみてください。それでも合わないと感じる場合は、他の病院へ相談してみるのもよいでしょう。
たくさんの病院にいくと、どんなお医者さんに対しても疑心暗鬼になることがあるので、2、3箇所回る程度にすることをおすすめします。きちんと治療方法を明確にしてくれるお医者さんはとても親切なので、そこをポイントに探すと良いです。